みんなの活用事例紹介

Habit Rulesを使って習慣化しているみなさんの活用事例をご紹介します。
仕事に、プライベートに習慣化したいテーマがある方はぜひご覧ください。

仕事

新入社員

研究者

♯1. 海外で活躍できる社会人になる

20代 男性

海外で将来働きたいと考え、入社前から英字新聞を読む習慣をつけるようにしました。入社後は帰宅すると疲れてしまい、英語の勉強ができず、落ち込みましたが、ウォーキング中など隙間時間に少しでも勉強時間を確保すると決めてからは気持ちが楽になりました。

中堅社員

実践家

♯2. 自分が納得の行く働き方を改革する

30代 女性

平日の帰宅後、「子供をお世話する時間」ではなく、「触れ合う時間を持ちたい」と思ったことがこのテーマを始めたきっかけです。計画的に仕事を進める、私生活が充実している、という実感があると、仕事にもいい影響がだんだん出てきて、明日への活力につながるようになりました。

初級管理職

観察者

♯3. 「伝える力」を身につける

30代 男性

説得力のある話し方を定着させるために、常にメモを取る習慣をつけるとともにインプットした知識をすぐアウトプットするサイクルを心掛けるようにした。
日々続けられるよう朝刊を活用したが、朝礼でみんなの反応を実感することが増えてきて継続意欲につながった。

中級管理職

観察者

♯4. 予算達成をめざしたメンバーの育成

40代 女性

毎日の気づきメモは途中挫折しそうになりましたが、面談で具体的に声掛けすることの大切さを実感し、一言メモでもいいので、継続するようにしました。
時短メンバーや専門性の高いメンバーに対しては、診断ツールの活用でそれぞれの持ち味を客観的に把握することで、日々の声掛けも工夫できるようになりました。

上級管理職

先導者

♯5. 役割にふさわしい人間力を研く

50代 男性

上級管理職にふさわしい人間力の向上をめざし、習慣化したい目標行動を設定した(ゴルフの上達含む) 。
社外のネットワークを活用することで視野が広がるとともに、仕事の幅も広がった。
部下に対しては日々直接対話ができなくとも、メルマガ発信やメールへの迅速な対応で以前より円滑なコミュニケーションが取れるようになったと感じている。

プライベート

健康

実践家

♯1. 心も体も健康に生きる

20代 女性

入社して1年が過ぎ、仕事もプライベートももっと新しいことにチャレンジしていきたいと思い、まずは心も体も健康を保つことを習慣化しようと思いました。
途中、失敗することもありましたが、無理のない方法に修正し、趣味を取り込みながら継続することで、自身の強みや弱みを実感しながら習慣化を身につけることができました。

健康

実践家

♯2. 美容と健康のための体質改善

30代 女性

年齢のせいか、ある時から体重が増え、健康も害されていると感じ、ダイエットをすることにしました。具体的には、ジムに週に1~2日は通うことにし、食事内容も変えました。
特に、ジム通いは挫折しがちですが、ロッカーを借りて荷物を置いておけるようにして、面倒臭さを減らしたこと、また、家族と一緒に通うことにしたことが、習慣にできた秘訣ではないかと思います。今では、汗をかくのが心地よくなりました。

スポーツ

先導者

♯3. サーフィンからボルタリングへ

30代 男性

天井にぶら下がりながら上へ登って行く課題はクリアしたが、そこから先がうまくいかない。この停滞期を乗り越えるために、体重を減らし、指の力、腹筋、背筋ともに強化することにした。帰宅したらすぐワークアウトできるよう「ぶら下がり健康器」に指懸垂用の専用ホールドを取り付けた。
最後の目標(4級)が必ず実ると信じて・・・

スポーツ

熟達者

♯4. 志高く、県大会出場をめざす

40代 男性

30代はテニスの目標を見失っていたが、日本ランキング保持者など戦績者と練習する機会を得たことで、モチベーションが高まり、県大会出場を決意。日常の過ごし方と、週末の練習の質と量を上げる計画を立てた。第1回大会では準決勝で敗れ、煮詰まっていたが、幸運なことに、国体代表者の方とも練習する機会を得て、持ち直し、次の大会では準優勝!

家族

研究者

♯5. 子離れを習慣化する

40代 女性

子供が中学生になる前に子離れを習慣化しようと思いました。途中、よき理解者である先輩から「この目的だけじゃ辛いでしょう」とアドバイスがあり、『自分の時間を楽しむために』という目的を追加したら、ずいぶん気持ちが軽くなりました。もともと料理好きの子供の性格にも助けられて、すべての目標行動をクリアすることができました。

家族

研究者

♯6. 子供に勉強習慣をつけさせる

30代 男性

長男が小学校に入学するため、これを機に勉強する習慣を身につけさせようと思いました。まずは一緒に学習目標を立て、1日10分程度ですが、付き添って丸付け等をしてあげていたところ、子供から「お父さん、勉強しよう」と言ってくるようになりました。 最近では、お兄ちゃんの姿に刺激を受けたのか、幼稚園の弟も一緒に勉強をするようになり、我が家に勉強する風土が根付いてきたような気がします。